愛の証として交換する指輪|予算に合わせて婚約指輪を購入|サービス内容を含めて検討しよう

予算に合わせて婚約指輪を購入|サービス内容を含めて検討しよう

愛の証として交換する指輪

ダイヤの指輪

結婚の指輪は2種類

そろそろ結婚をと考えている皆さん、指輪はもう準備しましたか。彼女に贈る指輪には、プロポーズの際に渡す婚約指輪と結婚指輪の2つがあります。婚約指輪は将来結婚する事を約束する指輪、一方結婚指輪は2人の永遠に続く愛の証となる指輪です。婚約指輪の起源は古代ローマ、結婚を誓う儀式の際、お互いに鉄製の輪を送ったのが婚約指輪の始まりと言われています。左手の薬指には愛の静脈が流れていると思われていた為、婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指にはめるようになりました。婚約指輪の習慣が日本に入って来たのは明治時代。当時は立爪タイプの指輪が人気だったそうです。実は最近婚約指輪を贈らない若者も増えているとか。しかし一生の思い出になる婚約指輪ですから、大切な彼女に贈りたいですね。

素材やデザインも様々

結婚式の際に交換するのが結婚指輪です。最近ではオリジナリティを求めパラジウムやジルコニウム、チタン製の指輪を作る人も多いそうですが、やはり多くの人がプラチナ製やゴールド製の指輪を選んでいます。最近はブランドにこだわらず自分達でデザインした結婚指輪を作るカップルも増えています。デザイン性も重視してダイヤを埋め込むなど、工夫も凝らされているようです。結婚指輪を選ぶ際の選択肢の一つに挙げたいのがハワイアンジュエリーの結婚指輪です。ハワイアンジュエリーは職人が一つ一つ手彫りで作る為、世界にたった一つの指輪となります。刻まれるデザインにもそれぞれ意味が込められているので、愛の形として交換するにはピッタリではないでしょうか。